スマホ版サイトを見る
トップ > より戻す > より戻す方法

より戻す方法

別れてしまいそうな時のより戻す方法

より戻す方法

まだ別れてはいない状況だけどこのままの関係が続けば「別れ」に至ってしまうケースです。
二人の関係がマンネリ化している場合に多く、浮気されてしまう場合が多いのがこのようなケースの特徴です。
相手に魅力を感じなくなったことから、他の人に惹かれてしまうという状況になったと思います。
別れてしまいそうな二人のより戻す方法は、お互いに求め合っていたものは何か、お互いの必要性を再認識することで「別れ」を回避してより戻すことができるでしょう。
時には刺激的な演出も恋愛においては必要不可欠なものです。相手が別れを決断してしまう前に出来る限りのことはしておくべきでしょう。

一人でよりを戻せないなら

復縁工作により、その演出のお手伝いを致します。
相手とどのような恋愛をしているのか詳しくお聞かせ下さい。
連絡の頻度、会っているペース、会話の内容…など。
二人の恋愛において不足しているもの、補う点を分析して的確に復縁工作に反映して「別れ」を回避致します。
恋愛していく中で失っていた新鮮さを取り戻すことがより戻す方法となります。

連絡を取り合っている相手とより戻す方法

別れても連絡を取り合っている二人は以外に多いものです。
なんとなく自然に付き合った二人が、なんとなく自然に別れてしまったというケースだったり、別れ際にさほど揉める要素もなく、お互いを理解した上での円満な別れの場合になります。
よく別れ際に、「別れてからも連絡を取り合って、友達でいよう」と言われるケースが多いのです。
このような場合、よりを戻せる可能性が高いのですが、完全により戻すまでに時間が掛かることも多いのです。

連絡を取り合う内に別れた現実を忘れて、または相手を思うあまりに必要以上に連絡をして迷惑がられ、結局は音信不通になってしまうということが多く見受けられます。
やはり、気持ちが「友達のように」というゼロからのスタート地点まで戻っていないからなのです。うまくより戻せたと思い込んで時期早々に「よりを戻したい」と迫って失敗してしまうケースも同じことが言えるのです。
また、うまく利用されているだけという場合もありますので、相手との気持ちの温度差・距離間を考えて連絡を取り合うべきと判断します。
お金を融通してほしい時だけ…体の欲求を満たす時だけ…と都合に良い時だけ利用されていることもしばしばです。
それ以上の関係を求めるなら正しい距離間を保つことが大事です。

友人や知人を頼るより戻す方法

このケースなら、共通の友人や知人を味方につけて、より戻す方法も考えられます。
相手と連絡を取り合っていたり、会ったりできる関係を保っている場合には、復縁工作員をご依頼者様の友人・知人の設定で接触させることでよりスムーズな工作を実現しています。
仲良しグループのように友達の輪をつくり、二人の復縁を盛り上げるケースもあるのです。
しかし、友人たちにも相手への気持ち・過去の恋愛を引きずっていない、未練は無いと思わせた方が良い場合があります。吹っ切れたと思わせることが必要な場合があるのです。
一緒にいることで気を使わせたり、困らせてしまったり、周りの空気が重く悪くなってしまう場合があるからです。

また、友人たちが相手の味方となってしまえば逆効果になることも考えられます。
連絡を取り合っている関係であれば、「生理的に受け付けない」という心境ではありません。でなければとっくに連絡は拒絶されているでしょう。
連絡を取り合っている場合には、性格的には害は無く、相性もよく、気になる気持ちが必ず残っていると考えて良いのです。
このようなケースの場合は内面的な部分よりも、相手に対する態度や接し方、外見的要素を修正する必要が多い傾向にあります。
「嫌いではないんだけど…」というように何かが不足している恋愛になってしまっている状況なのです。
復縁工作員は、相手の意見・本音を聞き出し、また客観的にご依頼者様の弱点を見つけてより戻すためのアドバイスを致します。
弱点を克服しながら相手との距離を近づけることがより戻す方法となります。

連絡の取れない相手とより戻す復縁工作

連絡をあえて取らないでいる場合と連絡の取れない音信不通の拒否状態があります。
連絡をあえて取らないでいた場合、事前調査により相手の行動範囲・行動パターンを読み、復縁工作員と一緒に接触してみる必要があります。
相手がどのような感情・態度になるのかを把握するためです。
接触したことで相手は復縁工作員をご依頼者様の友人と認識してくれますので、その後の復縁工作の幅が広がります。

連絡の取れない状況(着信拒否・拒絶)の場合、別れた原因と経緯(別れた後の言動と行動)が重要です。
意地の張り合いから連絡を取っていない、誤解や勘違いから悪い印象を与えて着信拒否にされているなど感情のすれ違いになっている場合です。
一時的な喧嘩のように軽いものや、別れた原因が根の深いもの…様々なケースがありますので、原因を究明した上で、相手に対する悪い印象を取り払う必要があります。
別れてから時間が経過しているケースと、別れて間もないケースがあると思います。
別れたばかりで、別れ際に揉めたりして相手に与えた印象が悪いと判断する場合には、少し時間を空けての接触が良いと判断する場合があります。

悪い印象の記憶しか思い出さないようなら接触しても悪い印象を与えてしまう場合があるのです。
「久しぶり、懐かしいね」と会話できるくらいが理想的です。
別れてからかなりの時間が経過している場合なら、相手の環境を知った上で早い段階で接触を行なって良いでしょう。
悪い印象も時間が解決して風化していることもあるでしょうし、新鮮さや懐かしさから良い感情が込み上げてくる場合もあります。
二人とも離れていながら成長し、お互い良い思い出になっているのでしょう。この時点から新しい恋愛をする感覚で向き合うことが理想的なより戻す方法になります。

すでに恋人がいる相手とより戻す方法

別れた相手にすでに好きな人、もしくは付き合っている人がいるケースがあります。
別れた後に恋愛しているのか?それともその人が原因で別れることになったのか?
いずれにせよ復縁の妨げになっていることに変わりはないでしょう。
別れた相手と連絡を取り合っているが、すでに恋人がいるので復縁することが難しい場合には、別れさせ屋工作をお勧め致します。
この場合には、復縁を考えた別れさせ屋工作を行ないます。

今現状の恋愛がうまくいかないことで元恋人と連絡を取り合い、よりを戻して復縁する方たちは非常に多い現状です。
新しい人と付き合うことで元恋人の良さを再認識して戻ってくるという恋愛パターンです。
二人が別れてしまう状況、恋愛がうまくいかない状況を別れさせ屋工作により必然的につくり出して、新しい恋人へ別れさせ屋工作を行なうと同時に相手との連絡を上手く取り合いながら距離を縮めることでより戻すことを可能にするのです。
「新しい恋人への別れさせ屋工作の進歩状況」と「相手の心境変化」を情報としてうまくリンクさせることでより戻すことを可能にする別れさせ屋工作を行なうのです。
相手が恋人と別れてしまえばよりを戻せる可能性が高い方、復縁できる状況をつくれる方に対しての、 “より戻す方法=別れさせ屋工作” なのです。

連絡を取り合っていない場合、復縁工作のみでご対応可能な場合と、やはり別れさせ屋工作を先に行なうべき場合とがあります。
接触を試みた上で、相手が「今付き合っている人がいるからムリだよ…」という感じであれば、別れさせ屋工作の対応が必要になります。
また、接触してから相手が双方に会ったり、連絡を取ったりして二股を掛けてくる場合には、やはり別れさせ屋工作の必要性があるでしょう。
しかし、接触しての感触が良く、恋人に内緒で連絡を取ってきたり、会えるようになる場合には復縁工作のみ行なうことでよりを戻せると判断します。
そのままより戻して復縁へと発展するなら、相手が自ら恋人との関係を断ち切ることが予想されます。

― 復縁エージェントの仕事・復縁工作とは、「やり直したい」「より戻したい」「復縁したい」という気持ちの先にある幸せまで、ご一緒に考えて行動して解決し、復縁を叶えることなのです。 ―

  • お問い合わせ
  • 復縁料金表

↑PAGETOP