スマホ版サイトを見る
トップ > 復縁方法

復縁方法

復縁工作の復縁方法

対象者の生活環境や行動の中から、ごく自然な形での日常で起こりえる接触を行ないます。

  • 時間・場所や状況をうまく利用した物理的な接触
  • 仕事や立場上の環境・行動パターンを利用した人為的な接触
  • 恋愛感情や男女間の欲求を利用した感情的な接触

接触時に大切なのは対象者に与える第一印象とキッカケです。
好感の持てる第一印象がなければ良い印象を与えることは出来ません。
キッカケ作りも偶然的なキッカケと必然的なキッカケに分かれます。
どちらのキッカケでも意識しなくてはならないことがあります。
それは、確実に次回の接触につなげられるように良い印象を与えることと記憶に残ること、そして状況設定作りです。

自然な演出から気持ちの確認

自然な演出が接触においての大前提であり、一度目の接触は状況とタイミングが重要で、そのような場面を作り出すためには綿密な事前調査とレベルの高い復縁工作員の存在が必要となります。
二度目以降の接触では、初めて会ったこと話したことを思い出す演出や、再会しても不自然にならない状況設定に気を付けます。
そのためには、一度目の接触から期間的・時間的・場所的なタイミングや設定を考慮した上で二度目の接触を計ります。
警戒心や不自然さを感じさせないために、二度目以降の接触では複数の工作員を利用したり、異性の工作員も交えながら接触したりもします。
接触によりキッカケから対象者と工作員の間に確実に接点を作り出します。
キッカケをうまく利用出来れば顔見知りです。顔見知りから知り合いへ、そして知り合いから気の合う、気のおける友人へと仲を深めます。

※ ご依頼者様とお相手が連絡を取り合っていたり、会ったりできる関係を保っている場合には、復縁工作員をご依頼者様の友人・知人の設定で接触させることでよりスムーズな復縁工作を実現しています。
対象者の日常の中から気持ちへと入りこみ、ご依頼者様への気持ちの確認を行っていきます。
まずは相手の心境を知ることから始めます。

  • 今現状どう思っているか?
  • 過去の恋愛関係をどう感じているのか?
  • 今後の二人の関係について、情はあるのか?愛情は?
  • 意地を張って別れたのか?未練は?
  • 他に好きな人がいるのか?すでに付き合っているのか?

日常から気持ちへと入り込むにはやはり電話とメールでの連絡も効果的です。
メール・電話でも直接会う以上に仲良くなること、気持ちを確認すること、盛り上げていくことも可能です。
もちろんですが会って一緒に過ごしている時も会話の内容や雰囲気作りも大切で、 相手とご依頼者様との恋愛の距離感を確かめながら縮めて行くという復縁のプロセスが基本となる復縁工作になります。
このようにして復縁工作員は二人の間で、二人の気持ちの温度差・距離間を常に気にして二人の接点を考えて行動を起こします。

連絡の取り合える仲になる

今現在の気持ち、今までの経緯に対しての気持ちの変わり方や今後の方向性、つまらない意地を張っているだけの人もいれば、自分から別れを切り出したのに未練や情があるという人も多く存在するのです。
相手の気持ちを復縁工作により接触し確認した上で、

  • どのような連絡の取り方、頻度が良いのか
  • どのような再会の仕方が良いのか
  • どのような接し方、付き合い方が理想なのか

ということを考えます。
ここまでくると今後の連絡の内容・会話の内容などといった二人の「内容」つまり、二人にしか理解できない二人だけの言葉や表現がとても大切になります。
もちろん会っている時の接し方、態度、表情にも注意が必要です。ただ単に懐かしいだけではいけません。
あくまでも継続性のある関係を取り戻すことが第一条件なのです。
焦って一気に復縁を迫ると今後の展開や次の手段が難しくなってしまいます。
まずは、連絡をスムーズに取り合える関係を目指します。友人というスタンスでも構いません。連絡を継続的に取り合える関係が理想的なのです。

普段日常から相手と連絡を取り合えれば、相手の行動や交友関係、今現在の近況を聞くことが可能になり、仕事上の問題、異性の問題、悩みなども相談されて心境も聞くことができます。
相手にとって気心知れた元恋人、気のおける友人というスタンスでも構いません。
まずは“良き理解者、良き相談相手” という関係で良いのです。
この時、復縁工作員も同時に同じ関係を一緒になって築きます。
相手の悩みや愚痴を聞くことで相談にのり、励ましながら一緒に考えて仲を深めます。
世間話程度の会話からでも次に繋げられる口実、会ったりできる口実をつくっていくのです。
そのためには相手の警戒心を解く必要があるのです。別れて未練があるから連絡を取りたがっていると思われてしまったらマイナスです。

出会った頃のように

出会った頃のように

振った側の人というのは、いつまでも相手が自分の味方であり、好きでいてくれていると思いがちです。
相手に復縁したいと思わせるためには、今でも好きと思われていない方が優位な展開が期待できるのです。
そのように思われないためには連絡初期段階で、「もう諦めたよ」、「気になる人ができた」、「毎日充実している」などというように未練や執着心は無いことをキッパリと伝える必要があるのです。
まずは、自分の心境をうまく伝えることで相手の心境を聞き出せるのです。
自分でうまく伝えることができない場合には復縁工作員が間接的に伝えて、聞き出すことで工作がスムーズになります。
二人が出会って恋愛する前の状況に関係を戻す必要があるのです。
言わばゼロからのスタートの状況であり、心境になることです。
そのためには、

  • 「復縁してほしい」、「今でも忘れられない」という感情を表に出さない。
  • 相手への気持ち・過去の恋愛を引きずっていない、未練は無いと伝える。
  • 相手の心境を読んで時間を掛けてでも確実な方法を取ること。
  • 焦らずに気持ちを前向きにする。

よく別れ際に、「別れてからも連絡を取り合って、友達みたいにしよう」と言われるケースが多いです。
このような場合は復縁できる可能性が高いのですが、連絡を取り合う内に別れた現実を忘れて、または相手を思うあまりに必要以上に連絡をして迷惑がられ、結局は音信不通になってしまうということが多く見受けられます。
やはり、気持ちがゼロからのスタート地点まで戻っていないからなのです。
うまく関係を修復できたと思い込んで時期早々に復縁を迫って失敗してしまうケースも同じことが言えるのです。

復縁は、タイミングとキッカケが重要になります。
相手の心境を読むことは復縁工作員が行ないます。
その上でベストなタイミングを計り、復縁できるキッカケをつくり、復縁を実現させます。
復縁工作員・担当者の的確なアドバイスに耳を傾けて、相手に対する言動や行動に注意して復縁工作のご協力をお願いしています。

あなたに合った復縁方法をご提案します

復縁する方法・復縁できる方法などの二人に合った復縁方法は対象者となる人物の性格・環境によっても異なります。
復縁エージェントでは、入念な打ち合わせとしっかりとした事前調査を行ない、対象者の性格・環境に適した復縁方法・復縁できる方法・離婚回避方法を用いて復縁工作に望むことをお約束いたします。
復縁するために復縁できるキッカケをつくり、復縁に繋がるように相手とうまく連絡を取り合い、良い関係をつくる必要があるのです。
まずは、ご一緒に復縁する方法・復縁できる方法、復縁方法について考えてみましょう。
あなたが叶えたい復縁を聞かせて下さい。
本気で復縁を目指すなら、きっとお役に立てるはずです。

― 復縁エージェントの仕事・復縁工作とは、「やり直したい」「より戻したい」「復縁したい」という気持ちの先にある幸せまで、ご一緒に考えて行動して解決し、復縁を叶えることなのです。 ―

  • お問い合わせ
  • 復縁料金表

↑PAGETOP